中古車買取の注意点

中古車を売る場合の一般的な方法として、買取りと下取りがあります。

具体的な意味を聞かれると、混同していてあまり良く理解していない方も多いようですので、それぞれの意味を理解して、中古車を売る際どちらがお得なのか知っておくべきでしょう。

買取りは、中古車買取による現金化のことです。

それに対して下取りとは、買取りとは違って現金化することは出来ません。

新しく車を購入する場合に、自分の車をその新車を購入する代金として充てることが出来るということです。

ですから実際支払う新車購入の代金は、新車金額から下取り額を差し引いた金額になるということです。

買取りと下取りの意味を混同しがちですが、買取り価格と下取り価格は違います。

買取り価格の場合は、中古車買取の買取り専門店で査定してもらい査定金額が出るのです。

その際の査定金額は、その車の状態や、市場の相場価格などによって違ってきます。

下取り価格はどうなのか。

下取りは自動車販売店による買取りなのです。

ですから、自動車販売店がその店独自の下取り価格表によって、車の状態などを見ながら査定するというのが一般的です。

その場合には、メーカーが違っても下取りできないということは、あまりないということです。

買取りと下取りはどちらがお得なのかと考えると、中古車買取の場合はまず買取り専門店へ行って買取り価格を出してもらい、そして自動車販売店では、下取りした場合の金額としない場合の金額を出してもらうといった流れがおすすめです。